着物のマナー 着物の基礎知識 着物の京染卸商業組合

京染卸商業組合

京染卸商業組合は、「安心と信頼」のおける「着物のプロ集団」です

京染きもの彩あそび

京染きものPDFカタログ

着物選び
京染組合がお勧めする
カタログで
あなただけの一枚を
京染グッズ販売
舞妓カレンダーなどの
京染グッズが
お買い求めいただけます
京染卸商業組合
〒604-8333
京都市中京区西堀川通三条下ル
下八文字町702
TEL (075)801-3355
FAX (075)801-3359
着物のマナー

着物のマナー

所作の美しさは、着物姿をより美しく見せるポイントともいえます。
また、立ち居振る舞いに気をつけることで、汚れや余計なシワを防ぎましょう。
歩き方
歩き方 内股で歩幅は狭く。
履物を引きずったり、大きな音を立てたりしないで、背筋をのばして歩きましょう。
正座の仕方
正座の仕方1 正座の仕方2
1

右足を少し引き、右手で上前を少し引き上げます。
左手で上前の太もものあたりを押さえて腰を落とし、右手で上前をなで下ろしながら、順に膝をつきます。
2

膝の間をこぶしひとつ分くらい開けて両膝をつき、膝の裏のきものを左右に引いてすっきりさせます。
両足の間に腰が収まるように座ってから、両膝をやや浮かせて上前裾の乱れを右手で整え、座り直します。
立ち方
立ち方 かかとを立てて、その上にお尻をのせます。上前を押さえながら、右足から立ち上がります。
椅子に座る
椅子に座る 帯をつぶさないように、もたれず浅めに座ります。
後ろの裾が地面に付かないように、少しひざの裏に入れ込むようにして。
車に乗る
車に乗る1 車に乗る2
1

お尻から入れるようにシートに腰をおろします。
片手で袖を持ち、もう片方の手で上前を押さえながら身体を回転させて足を入れます。
2

車内では、帯をつぶさないように浅く座ります。
降りるときは逆の手順に。
乗り降りの際、裾を汚さないように注意しましょう。
階段をのぼる
階段をのぼる 右の上前を持ち、腰を落とし気味にのぼります。
上がった足が地に付くと同時に残った足を上げると、足首があまり見えません。
トイレに行く
トイレに行く 上前と下前の褄先(つまさき)を持ち上げて、帯の上側にはさみ込みます。
トイレから出るときは、お太鼓のたれが上がっていないか確認を。
物を取る
物を取る 卓上の物を取るときは、片方の手で袂(たもと)を押さえ、袂が卓上をすって汚れたり、 物を倒したりしないようにします。

ページトップへ