有限会社 遠藤商店

イメージ画像1
◆会社概要
所在地 〒604-8105
京都府
京都市中京区高倉通
御池下る亀甲屋町603
TEL:075-221-4659
FAX:075-221-4651
代表者 遠藤 明
創業 承応元年(1652年)
営業所 京都
お問い合わせ endou@kyozome.info
◆PRメッセージ

 古くは京都御所や各藩の所司代《今で言うと京都の出張所》より正装用の麻の裃(かみしも)などのご注文を頂き長く商売を続けてまいりました。
 現在は、悉皆の専門店として主に関西と東海方面の呉服店より注文を頂いております。
 着物の好きな方に少しでも喜んで頂ける様に努力しております。
 浸落しや丸洗いや別染加工と、永年の経験と信用を生かし、着物のことならなんなりとご利用・御申し付け下さい。
京の老舗の表彰を頂いています。

イメージ画像2
イメージ画像3 ◆その他の情報

最近、古着を買って自分流に楽しみたいと言う方が多いので、『古着を買う時のワンポイント・アドバイス』

\乎呂強いかどうか
 目立たない所で、指のツメでそっと押して見る。生地が弱いと着ている途中で破れますし、洗い張りや仕立直しが出来ません。

透かして見て、虫キズがないか見る
 薄い生地等では、キズカケが出来ない場合が有ります。

8鼎た擦どれ位付いているか見る
 古い浸は、浸落しに高く付く事が多く、取れない変色になっている事もある。着用して有る物は必ず浸が有ります。袖口と衿のヨゴレを見て、良く着て有るか、又は、手入れがして有るかを見る。

ぜ分の身長と合わして、着丈と袖丈とゆき(桁)の長さを見る
 古いものは生地巾のない物が多いです。

Copyright 2006 京染卸商業組合 All Rights Reserved. Supported by Dorapro.